2020年は水素元年!




2020年は水素元年となる。

昨年末にNEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)によって発表があってから約2ヶ月。


本当に、毎日のように新聞・TV・ニュースで水素についての情報が流れて来るようになりました。



今水素業界に携わっていて一番感じているのは、

【世間との認知度のギャップ】です。


普通に生活をしていて人と話をすると、

・今年が水素元年である

・オリンピックが水素の祭典である

・水素が医療認可されている

ってことを知っている人はほとんど居ません。



これは上記のような情報が流れてきていないのではなく、

「関心がない」から頭に残って居ないだけなのです。


そしてこのギャップこそが事業家としては大チャンス!


例えば、今や当たり前にありすぎて、話題にも上がらないインターネット。

そのインターネット元年とは、日本だと1995年になります。


当時連絡手段としてポケベル、テレフォンカードが一番使われていた時代。


その当時の人達に向かって、これからは

・一人一台パソコンを使うようになる

・物をインターネット上で買うようになる

・世界中どこに居ても電話が無料で使えるようになる


なんて言ったとしても、

多分「へー、すごい時代が来るんだね」と言って、自分ごとに捉える人はいなかったでしょう。



でも、このタイミングで、

そのインターネットの未来を自分ごとに捉えた人たちがいた。


それが今のGAFAや、日本だとソフトバンクや楽天などのインターネットを【世の中に仕掛ける側】となった人たち。


この人たちはインターネット元年という、ほとんどの人が全くインターネットを知らない時代から、インターネット事業を始めていた。


だからこそ今の栄光があるのです。


政府や巨大企業が水素に注目している。

でも、民間は全く注目していない。


水素元年はこんなタイミングとなるでしょう。


民間が気づく時には、すでに世の中への仕掛けが終わった状態。


今年1年の動きが、10年後の水素市場の鍵を大きく握ることになりそうです。


閲覧数:171回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日の長野県SDGs推進企業登録制度について。 ホープが長野県庁のホームページに掲載されました。