祝!長野県に水素ステーション設立

更新日:2019年5月10日

 




時代も平成から令和に切り替わり、世間はより一層の賑わいを見せているこの頃です。


少し以前の話題になりますが、ついに長野県で水素ステーションが稼働しました!!

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44274460W9A420C1L31000/


県庁のコメントでも「長野県もやっと新しい(水素)社会の入り口に立つことができた」とあったそうです。長野県主体の水素事業が進んで本当に嬉しい!!

水素ステーションの建設費高いですからね。一つ立ち上げるのに2億6000万だそうです。

これで2020オリンピックという水素革命の日に向け、一歩前進。


長野市のどの辺りだろうと調べたら、川中島だそうです。


川中島といえば!歴史の授業でも習いましたよね。

上杉謙信と武田信玄が戦った場所です。

昔人気だった大河ドラマ「風林火山」の舞台にもなりましたー。

⬆︎武田信玄と上杉謙信像


⬅︎あと、川中島は川中島白桃というブランドが有名で、筆者も食べたことがありますが肉質ぎっしり自然な甘みたっぷりでとっても幸せを感じる美味しさでした!

川中島へお越しの方はぜひご賞味頂きたいです。






なんの宣伝だろう。

あ!水素ステーションの宣伝でした。



次に長野へ移動した際は、川中島に行って、出来立てホヤホヤの水素ステーションを見に行ってきます。どのくらいの数のFCVがその水素ステーションに来るのか気になりますね。

そして帰りに桃を食べてきます。


とにかく長野県庁の皆様、水素ステーション設立おめでとうございます!!


閲覧数:0回0件のコメント